準備しておくべき防災用品一覧

いざという時に備えて、ご自宅に防災グッズ・防災用品などをご用意していますか? 生命の危機に陥るリスクを軽減するためにも事前準備は非常に大切です。 また、震災後、避難が長期化する場合に備えての準備もしておく必要があります。 ここでは最低限必要な防災グッズ・防災用品をご紹介致します。


【震災直後に必要となる防災グッズ】★★★★★

■飲料水

水は、1人当たり1日3リットルが目安です。もっとも、水は飲用だけでなくトイレや食器洗い、洗濯等にも使いますので、少し多めに準備しておく必要があります。 缶ジュースなどの飲料も用意おくこともおすすめします。

■非常食

保存期間が長く火を通さないでも食べられる物を中心にストックしておきましょう。 例えば、レトルト食品、インスタント食品、缶詰、お菓子などです。 最近では、保存可能期間が数年間もあるような非常食も販売されていますので、ご家族の人数に合わせて少しでも多く準備しておくことをおすすめします。

■医薬品

震災時にケガを負う可能性がありますので、包帯、ガーゼ、三角巾、脱脂、絆創膏、ハサミ、ピンセット、消毒薬などを用意しておく必要があります。 また、震災後救助までの間にストレスや風邪等で体調を崩してしまう可能性もありますので、風邪薬、整腸剤、ビタミン剤なども用意しておくべきです。 さらに、持病のある方はその病気のための薬、小児や高齢者のいるご家庭の場合は別途必須薬を用意しておきましょう。 そして、薬を用意する場合には、必ず薬にメモ書きをして誤飲を防ぐための準備をしておく必要があります。

■衣類

災害が寒い季節に起きる場合は当然防寒着が必要です。もっとも、震災直後は何が起きるかわかりません。真夏であっても体調不良で寒さを感じる場合も想定できます。 そこで、季節にかからわず、防寒具、重ね着できるシャツ等、毛布、下着類、靴下、カッパなどの雨具、軍手、カイロなどを準備しておく必要があります。

■停電時対策

停電が起きた場合に備えて、懐中電灯、ろうそく、マッチ、携帯ラジオ、各種電池などを用意しておく必要があります。 最近では、手巻き充電でラジオが聞けたり、携帯電話(スマホ)を充電できたりすることができる便利グッズが販売されています。 特に携帯電話は震災時、連絡手段や情報収集手段として非常に重要です。自分が持っている携帯電話を充電することができるグッズは必ず用意しておきましょう。

■緊急時対策

災害時どこかに閉じ込められたリ、何かの下敷きになった状態で救助を待たなければならない状況も考えられます。 そこで、そのような緊急時に備えて、ナイフ、ハンマー、ノコギリ、バール、シャベル等の工具類、その他、ロープやコンパス、自分の位置を知らせる笛、点滅ライトなども用意しておく必要があります。、


【避難時に必要となる防災グッズ】★★★★

■貴重品

避難する際、貴重品を持ち出す必要があります。 現金、身分証明書、銀行通帳、印鑑、各種権利書、各種カード、保険証などは直ぐに持ち出せる体制を整えておきましょう。

■避難所用グッズ

震災後、避難所へ移動する場合も考えられます。その場合に備えて、着替え、毛布、布団、寝袋、タオル、ティッシュ、ウエットティッシュ、ビニール袋、 生理用品、筆記具、簡易食器類、メガネ、コンタクトなどを準備しておきましょう。また、避難所は多くの方がいる場合も考えられます。少しでも快適に過ごせるように耳栓や安眠マスクなども用意しておきましょう。

■アウトドア用品

震災の規模によっては、避難所へ入れない場合も想定できます。避難所へ入れたとしても馴染めずストレスを抱えてしまう場合も考えられます。 そのような場合に備えて、アウトドアグッズを用意しておくことも考えておきましょう。アウトドアグッズは、 テント、寝袋、トイレットペーパー、簡易トイレ、燃料、卓上コンロ、ガスボンベ、固形燃料、調理器具、ビニールシート、バケツ、などがあります。

【震災時役に立つ日用品】★★★

日用品として使っている物を日ごろから少しだけ多くストックしておけば、いざという時に役に立つものがあります。 例えば、ラップ(コップ変わりになる)、新聞紙(防寒対策)、マッチやライター、などは日ごろから多めに備蓄しておきましょう。