【和訳】「災害支援」を英語で何て言う?【翻訳】

災害支援を英語に訳すと、「disaster relief」 となります。

翻訳サイトの中には、「disaster recovery assistance 」と訳すサイトもありますが、「disaster relief」はネイティブの方が普通に使っている言葉ですので、こちらの方がいいと思います。

「relief」というのは、 苦痛・心配などの除去・軽減という意味がありますが、救済・救援という意味もあります。「disaster relief」 を直訳すると【災害を救済】という意味になりますね。

ただ、難民救済はニュースなどを聞いていると「refugee aid」と言ってたりします。
そうすると、災害支援も「disaster aid」と言ってもいいのかな、と個人的には思っています。
(もっと詳しい人に聞いてみてください。。。)

以下、災害支援リサイクルセンターのご紹介!

災害支援リサイクルセンターとは

災害支援リサイクルとは、ご家庭に眠っている不用品を、全国の提携リサイクル業者への販売やネット販売等で現金化し、その収益金の一部を震災・災害で苦しんでいる地域の皆様へ還元していくプロジェクトです。 引越しや遺品整理で不要になった物、使用していない洋服や贈答品、ゲームソフトやDVD、骨董や陶器類まで、一部の例外を除き、どんなものでもお引き受け致します。

ホームページ 災害支援リサイクルセンター recycling-center.net

ご利用の流れ

1 送って頂ける不用品の写真を1枚以上撮って、info(atmark)recycling-center.net まで送って下さい。 地域や品物の種類を確認し、送り先住所をお伝え致します。

2 大きなダンボール(140サイズから160サイズ)に不用品を入れて下さい。より多くの不用品を目一杯詰め込んで下さい。大きすぎる商品は送れませんのでご注意ください。

3 お近くの郵便局にあるゆうパック着払い伝票に住所氏名等を記載して発送してください。日本中どこからで送料無料で送ることができます。

不用品例

不用品の意味

災害支援リサイクルセンターにおける「不用品」とは、比較的新しく十分に使用でき、市場価値が残っている物をいいます。年式が古すぎて通電もしない家電、破損していて使い物にならない物、リコール対象商品、野外に保管されていて再利用に適さない物等々、中古品としての市場価値が認められない物については、「不用品」には該当しませんのでご注意ください。このような廃棄物に該当する物については、一般廃棄物処理業者又は産業廃棄物処理業者に依頼して処分してください。

-リサイクル, 一般, 災害支援
-, , , ,